So-net無料ブログ作成

α7IIIかα7RIIIか [カメラ]

各社ミラーレスカメラが出てきましたが、ソニーαシリーズがまだまだリードした感じです。
α7 IIIは20万円前後で高パフォーマンスで人気の衰えが見えません。

ただ他社の新型に比べると弱いところもあります。一番がEVF、それとシャッターです。

最新機種の多くは369万画素ですが、236万画素と劣ります。ただ実際はどんな感じか

ぱっと見は何ら劣る感じしません。かつては140万画素のEVFを使いましたが、流石に粗かったですが、200万画素超えるとわかりません。ただ状況によりモアレの発生が見受けれます。

ちなみにα7R IIIでも測距やシャッター半押しにすると高画質モードから画質が下がります。

他社はそう言う傾向がないよう様ですが、遅延などがあります。恐らくは高画質のまま
高レート表示及び撮影が難しいと思われます。

シャッターですが、デジカメになって電子先幕シャッターが登場しましたが、余りメリットが無かったのですが、ミラーレスの場合、電子先幕シャッターをオフにしてするとレリーズの時2回『カシャ』となります。連写した感じで何となく感覚がずれるのでオンにしていました。

結果から言うと、7R IIIではオフでも気になりません。全くでは無いですが、とても静かなのです。

まぁ音や押した感じの問題なので1度実際に触って比較することをオススメします。



差額が約10万円強です。
7RIIIだとデータ容量が大きく、扱いが大変だったりします。
また像面位相差のエリアも狭いです。
ただ仕上がりは一歩上です
最近気になる事はパナソニックのLIMIX Sシリーズでしょう。

大手2社が過去を遺産を引き摺り自我を行く感じですが、パナソニックは初ミラーレスを出したプライドやらでまた、ソニーに対してライバル意識は半端ないです。

弱点はボディのデカさとAF

AFはDFDで像面位相差は備えません。

それを気にしない人はかなり良い感じです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0