So-net無料ブログ作成

iMacにWin10 [独り言]

Parallelsを使ってWindows 10をインストールしました

macOSには標準でBootCampというデュアルブートできるツールが標準装備しています。ではなぜparallelsの仮想環境でWindowsだったのか、、、それはAmazonで安かった()安いと言っても約6000円ですが、、(概ねアップデート価格)

パラレルス Parallels Desktop 13 for Mac Box JP

パラレルス Parallels Desktop 13 for Mac Box JP

  • 出版社/メーカー: Parallels
  • メディア: -

もちろんBootCampより仮想PCの方が使い易いというのがあります。

違いを簡単に説明すると
BootCamp PC(iMac,MacBook等)起動時にMacかWindowsかを選択する必要があります。メリットは1PC1OSなので負担が少なく安定します。デメリットはMacを起動させている際はWindowsを動かせません。その逆も。
Parallels 先ずはMacを起動させます。その後Parallelsを起動させます。メリットはいつでもWinを動かせます。デメリットはMacの上でWindowsが動くのでメモリが多くないと不安定になります。

今回導入に当たって知ったのはMacとWindows相互でアプリ連携ができたり、dockにWinのアプリが表示されたり便利になっていること

不満点(できるのかな?)はエクスプローラーの戻る・進むができない。設定かもしれませんが
また今一度不明なところもありますが、快適に使えます


タグ:MAC PC 仮想 Win VM
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。